ラボ型開発(ラボ型契約)

ラボ開発のイラスト

一定のご契約期間にお客様専用の開発チームをベトナムオフィスに作り、固定した担当スタッフがお客様の指示に従い制作に当たるという新しいオフショア開発のスタイルを提供します。
お客様専用の開発チームをベトナムホーチミンを拠点として体制をつくります。
担当のラボ・エンジニアに対して、お客様が直接開発指示を与え、マネージメントできますので、優秀なプログラマーをベトナムに確保し、自由度の高い開発をお客様に提供しております。最近ではテスターとしての活用も増えてきています。

【初めてオフショア&ラボ開発を使う人が知っておきたい4つのポイント】

1.オフショア開発とは?

システムの開発やWebサービス運用管理の方法として、海外のシステム開発事業者やグルーブ会社に案件を委託する方法があります。これを「オフショア開発」と言います。
元々は陸地(岸)から海上(沖)に流れる風のことを指す言葉でしたが、国内を岸に例え、そして海外を沖に例えることで、「海外の拠点」を指す言葉になっています。
蛇足ですが、サーフィン用語としても、オフショアはよく使われる言葉で、オフショアはいい波の代表です。

2.IT分野におけるオフショア開発の傾向

元々、ITの分野におけるオフショア開発(システム開発・Web制作・アプリ開発)に関わる費用の中で、一番大きなウェイトを占める開発に携わる人件費や、海外の労働力が豊富で、賃金が安い場所にて開発することで、全体的に抑制することを目指して考えられた手法です。
近年、チャイナリスクを遠因として中国プラスワンの筆頭国としてベトナムが
システム開発系が海外と馴染みが良いのは、システム開発に用いられる言語が、世界共通なために、最低限のコミュニケーションさえ取れれば、システムを構築できるということが、その考え方の背景になっています。
もちろんシステム開発のリーダーシップは、日本国内のプロジェクトマネージャーが担当することになります。

3.オフショア開発の新しいスタイルとしての「ラボ型開発」とは?

オフショア開発は、上記の特徴から多くの開発事例が出てきておりましたが、あくまでも案件単位(請負契約)での仕事単位での契約のために、優秀な人材を継続して契約しにくくなるという弊害が出てきております。
それを解決するのが、ラボ型開発(委任契約)になります。ラボ型開発とは、ある一定期間で仕事の発注量について、最低限の部分を保証するという方法です。
これにより優秀な人材を確保しつつ、一度行った開発のノウハウをそのまま保持することが可能になりますので、迅速に次の開発に入れるというメリットが発生するのです。

4.貴社専門スタッフを持てるラボ型開発のメリット

グミの「ラボ型開発」では、開発の中心となる優秀なプロジェクトリーダーやプログラマーを現地(ベトナム)で採用し続けることができますので、新規でのスタートアップコストの部分に関しても、コスト削減のメリットを感じていただけます。
基本的には継続して開発案件がある場合に、その都度受託案件として契約するよりも、一定期間での契約のほうが、契約費用が抑えられるというメリットもラボ開発が認めれれているポイントになります。
開発メンバーが固定化されることで、急な仕様変更や、追加のご要望も対応しやすくなるということも、好評です。
また契約期間を更新し続けることで、自社の開発のためのノウハウを現地の技術担当者間で、共有したり蓄積することができるので、結果的に品質の高いシステム開発ができるようになっていくのです。開発し終わってからも、追加や変更は常に発生しますが、せっかくコストを抑えるオフショア開発を行うのであれば、トータルの期間での費用も考えて、このラボ型開発のタイプにて、契約するのが、コスト削減を含めていろんなメリットが発生するのです。

※現在では、グミが日本国内で培ったプロジェクト管理システム社内でのソフトウェア開発も日本本社とのラボ型開発で手掛けています。必ず当社のラボ型開発のメリットを理解していただけるはずです。是非、お気軽にご相談ください。

※関連記事、「オフショア開発にベトナムを選ぶべき3つの理由」もどうぞ。

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us