シンチャオ!
袖野です。

だいぶ更新が空いてしまいました。
実はテト期間中は帰国してまして、そしてベト行きの飛行機の前日にインフル発症して・・・
そんな感じで大変でした。

今日はベトナムでの日本語についてです。

突然ですがホーチミンにはLe Thanh Ton(レタントン)という通りがあります。
その一角には日本人街がありまして、日本人向けのお店がたくさんあり、日本人がたくさんいて、日本語が飛び交います。
レタントン

ここホーチミンには多くの日系企業が進出し、それに比例して日本人もたくさん住んでいます。
ですので日本人向けのお店がたくさんあるのですねー。

その日本人向けのお店の人たち(ベトナム人)が結構日本語話せたりするんですよ。
「いらっしゃいませー」「ありがとうございましたー」
って、日本語で接客してくれます。なんか嬉しくなります。

よく行くお店では、日に日に従業員の日本語が上手くなっているのがわかります。
語学は話してなんぼなんですね。使わないと上手くならない。。(あ、ベトナム語勉強しなきゃ。)

また日本の企業に入りたいから、真剣に日本語を勉強する学生もいるみたいです。日本語学校も結構ありますよ。
日本の事をそのように感じてくれる事を誇りに思うと同時に、それがいつまで続くのかと憂ったり。
日本の事をそう思ってくれるなら、それに恥じない振る舞いをして「さすが日本人だ!」と思ってもらいたいです。

はい、なぜか意識がたかくなりましたが、実はgumi Vietnamでもベトナム人スタッフに日本語教育をしております。
毎週水曜日に日本からベトナムの大学に留学しているアイコちゃんに来てもらって、日本語を教えてもらっています!
File_002アイコ
こんな感じです。
みんな楽しそうに日本語を学んでいます。

それで覚えた日本語で話しかけてくれると嬉しくなります。
母国語での会話は、そこに深い意味を持たせ、感じ取ることができる気がします。

会社のベトナム人スタッフと話すときは基本的に英語ですが、たまにベトナム語で話しかけると向こうも嬉しくなってくれるかな?と考えたりする入社2か月目の冬(日本標準)←まとめかた下手くそか!

以上で勘弁してください。
さようなら。

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us
gumi Vietnam
Follow me

gumi Vietnam

gumi Vietnamスタッフの共有アカウントです。
随時情報を配信していきます!!
gumi Vietnam
Follow me