AR(拡張現実)とは何か?AR(拡張現実)は、現実世界の見え方をデジタル的に高めた最新テクノロジーで、アナログな日常生活をより有意義なデジタルコンテンツと結びつけるものです。
スマートフォンやタブレット内蔵カメラやPCのカメラを用いて、映像・3DCGなどを私たちのまわりにあるアイテムの上に直接、デジタル情報の層を加えていきます 。

また、ARのコンテンツ制作によく使われるUnityを使ったアプリは、iTunesだけで毎日15個のunityベースのアプリが出ているそうです。それらは、カメラや特別なディスプレイを通して私たちが見ることができる現実世界に、バーチャルの層を加えることができます。

AR 車のCG
ARは、数えきれないほどの領域に急進的革新をもたらします。
例えば、旅行者を道案内をしたり、車販売におけるプロモーションツールなど身近なことから、空母を海に出現させるなどの大きなプロジェクトにまで至ります。そうした進化したARは、私たちを1日中モニターを見つめることから解放し、よりナチュラルな(より自然体な)デジタル時代をもたらしてくれるものと期待されています。

ARの実用的な機能の代表例のひとつとして 、オランダのスタジオTWNKLSがあります。Otoliftアプリで業界のAuggie賞を獲得しました。いくつかのマーカーやiPadを使い、階段リフトが家で動く様子を実現させます。この時、適正サイズを把握することができ、クライアントに情報を正確に伝えることができます。

飛び板としてのUnity

ユニティーの作業画面

Unityに関してグミベトナムでは、リッチコンテンツを含むアプリ開発においてメインのエコシステムとして利用しています。直感的なツールの完全なセットと、インタラクティブな3Dと2Dのコンテンツを作成するための迅速なワークフロー が統合された強力なレンダリングエンジンをもつUnity。生成されるマルチプラットフォーム対応のコンテンツは、何千もの品質とAsset Storeにおける既成のassetsと連動することでができ、コニュニティでは知識を共有できかなり急成長したリッチコンテンツコミュニティになっています。

グミベトナムにとっても、Unityの民主化したエコシステムは、独特な美しいアプリケーションコンテンツを作るため、コストの壁をこわしてくれます。Unityを使うことによって開発するための予算的なハードルが大幅にさがりました。

「将来、UnityはARにとって不可欠なものになる、なぜなら3Dと協働させるために偉大なパイプラインを提供しているから」とメタ創始者であり、CEOであるMeron Gribetz氏は話していますが、ベトナム人のボクもそう思います。

ARでのデジタル革命は、すぐ近くに来ているのか?近年の技術革新はとても速く、何が現実で何が架空なのか見分けることが難しいが、Unityはそれの一部となるだろう。Jason Ried氏はUnityをARにとって「絶対的な統合的な」ツールと呼んでおり、彼は、その唯一的なところから遠いところにいる。「私たちは、Unityをゲームとゲームでないものの両方のARアプリを作るための最高のプラットフォームだと本当に感じている」とGerbern Harmsen氏は話しています。

ARアプリ開発ツールVuforia(ヴューフォリア)について

Vuforianoのロゴ

Vuforiaはグミベトナムで、ARモバイルアプリを生成する時にの必須ツールになっています。Vuforia+Unityでほとんどの現実世界の環境を超えた、当社では、metaio(メタイオ)と並んで、最も使われているAR開発ソフトのプラットフォームです。弱点といえばPC上でのARアプリ制作ができないことぐらいです。※metaio SDKはWindowsPCで稼働します。

Vuforiaのプラットフォームは、安定していており、技術的にも効率的にリッチコンテンツ画像を認識し、iOSやAndroid、そして3D Unityのサポート対応なので、スマートフォンやタブレットの広範囲のユーザーに届くよう、Vuforiaのプラットフォームでネイティブアプリを書くことができます。

Vuforiaは、マーカーレスのARマーカーと複数マーカーに対応して100万マーカー越えも可能です。

いわゆるARマーカーをスキャンして認識するかわりに、写真やイラストを認識し、ARの体験する技術的な敷居をさげました。また、Vuforiaの旧バージョンは、マーカーの画像のデータベースを必要とするシステムを利用していたため、保存できるマーカーの枚数は、約80枚に限られていました。今回の新しいバージョンは、アプリが端末のストレージを使用し、新クラウドDBシステムを使用できるので、なんと最大100万マーカーにアクセスするAPI経由のプログラムを実装することができます。※クラウドを利用する場合は別途利用料が発生します。

ところで、Qualcomm(クアルコム) Vuforiaにとってよいマーカーとは?

Vuforiaに最適化されたARマーカーとは視認性、追随性に優れたマーカーとはどんなものでしょうか?グミベトナムでもマーカーレスARマーカーの制作時に何度もマーカーを作成しました。その中で得られたマーカーレスARマーカーつくりのコツを下記にまとめました。

1.細かいデザインのもの。街の風景、人の群れ、コラージュやアイテムが混ざったもの、スポーツシーン
※遠距離でマーカーを認識させたいアプリの場合は、細かくつくり過ぎると逆にデザインを認識できません。
2.コントラストがハッキリしたもの。明暗の境界、採光の良いもの。
3.反復的でないデザイン。草原、同じ窓やチェックボードがある近代的な家の外観。
※上下にしたときにちがいがはっきり出るマーカーでない場合は、コンテンツが上下に反転したり追従性が悪いアプリになります。
4.8bitまたは24bitのPNG、JPGのフォーマットで、サイズが2MB以下。JPGはRGBまたはグレイスケールでなくてはならない(CMYKはダメ)。

※これがプロジェクトで、実際に使われたマーカー。
ARマーカー
試行錯誤の末に、5つ星をたたき出しました。
素敵なデザインなのに、しっかり読みこんでもくれる優等生マーカーです。

これからもベトナムで、UnityをつかったARアプリ制作といえば真っ先に名前のできくるAR制作会社としてパイオニア的存在を目指します。

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us