シンチャオ!ベトナム生活に慣れてきてお腹の調子も戻ってきたCodyです!

前回はAIについての記事でしたが、今回はまた違う記事を書いていこうと思います。

さて今回の記事は主要3SNS(Instagram, Facebook, Twitter)のAPIについてざっくりまとめてみました! 最近SNSのAPIをもちいたアプリの見積もりを作成することが多かったのでStack Over Flowなどを使ってIT初心者なりに調べました・・・!

目次

1. APIとは

2. Instagram API

3. Facebook API

4. Twitter API

5. まとめ

 

1. APIとは

SNSのAPI解説に入る前にAPIとは?という疑問に、簡単に答えていこうと思います。

APIとは:https://ja.wikipedia.org/wiki/

 

Application Programming Interface だそうです。うーん、これだとよくわからん笑 

僕なりの超ざっくりしたイメージでいってしまえば、他の人が作ったアプリを外部の人間が簡単に使えるツールです! 具体例を見てみましょう。

 

これはInstagramのAPIのスクショなのですが、#snowのついた投稿を検索し、ユーザー名や画像のURLなどをデータとして持ってくることができます。

つまり、Instagramの持っているデータを検索するツール = APIの一種 ということになります!

さて、そんな便利なAPIですが、使える回数に制限があります。なぜ制限があるかといえば、サーバーの負荷を下げるためだそうです。

世界中の人が何回も呼び出せたらそりゃサーバーはパンクしちゃいますよね笑

1時間に何回までと決められていることが多いですが、制限回数をオーバーしても一定時間待てばまたつかえるようになるそうです!安心!

※今回はSNSのAPIに焦点を当てていますが、それはAPIの一種ですので、データを持ってくる以外のAPIも存在しています。

2. Instagram API

さて次にInstagram のAPIについて書いていこうと思います。

概要

データの種類:少なめ

Call rate limit (APIを使える回数):5000回/1時間

 

APIを呼び出せる回数: call rate limit は1時間に5000回です。 持ってこれる主なデータは、#タグのついた写真の画像やlike数、コメント数、その投稿をしたユーザー名、ユーザーのフォロワー数などなどです!

こちらにより詳しくまとめられているのでもっと知りたい方はこちらを参照してください。

Instagramのデータまとめ:https://www.sharecoto.co.jp/column/instagram-case/api.html

ここで注意!2015年10月にあったアップデートによって、Instagram のAPIを使用する際にはInstagram社に使用申請を出して許可をもらわなくてはいけませんこの使用申請が曲者なんです・・・

申請の手順としてはまずAPIを用いたアプリを作り、なぜAPIを使うのか、なぜこのデータが必要なのかなどを詳しく書かなくてはいけません。※もちろん英語です。

それだけではないんです・・・そのアプリを使用している動画も提出しなくてはいけません!

ハードルが高い、高すぎる・・・ そんな面倒くさい審査の手順についてはこちらを参照してください。

審査手順:http://qiita.com/takashings/items/f03eb9e2ba343878d287

ちなみに、この審査ははかなり厳しいようです。審査を通ったことを大々的にアピールしている会社も散見されるレベルです。

ある人は8回も申請を出さなくてはならず、特許申請の方がよほど楽だと愚痴をこぼしているほどでした。

なぜそんなに難しいのか?その理由の一つには、申請を出してもどこがダメなのか詳しく書いてくれないという状況があるからです。 なんでも担当者によってかなり対応にばらつきが出るとか。

これからInstagramのAPIを使ったアプリを開発しよう!という方は相当な覚悟が問われるでしょう・・・

※Instagram のAPIをもっと調べたところ、解決方法を見つけることができました。ここでは文字数の都合上書けないのですが、ご興味のある方はお問い合わせください!

3. Facebook APIについて

次にFacebookのAPIについて書いていこうと思います。 FacebookのAPIは Facebook Graph APIと呼ばれています。

概要

データの種類:中程度

Call rate limit (APIを使える回数):200回/1時間

 

Facebook のAPIに関してですが、基本的にユーザーに情報をもらう許可を得なくてはデータをもってくることはできません。

こんな画面を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

この画面でokを押したユーザーからしかデータを持ってくることはできないようです。

また最初からユーザーにお願いできるデータの種類は以下の三つです。

  • public_profile:公開プロフィールの取得
  • email:メールアドレスの取得
  • user_friends:同じアプリを使用している友達のデータと友達の総数 

詳しくはこちらhttp://code-copilot.sacred-field.com/archive/?id=110

これより多くの、または他の情報が欲しいとなったらFacebookに申請を出さなくてはいけません。 他のデータについては公式のドキュメントを参照してください。

ちなみに使える回数:call rate limit は1時間に200回です。

審査についてはInstagramよりは厳しくないという印象を受けます。調べてみると、審査が降りたという報告が結構あります。

例:http://marunouchi-tech.i-studio.co.jp/3618/

Facebookが5年前にInstagramを買収したのは大きなニュースになりました。FacebookのAPIはInstagramのそれより厳しいかと思っていましたが、案外そんなことはないようです・・・

FacebookのAPIはInstagramのAPIよりかは持ってこれるデータの種類も多く、審査もゆるい印象でした!

4.Twitter API

最後にTwitterのAPIについて。

概要

データの種類:多い

Call rate limit (APIを使える回数):APIの種類によってまちまち 公式ドキュメントを参照

 

TwitterのAPIはREST APIと呼ばれています。TwitterのAPIの特徴は何と言っても利用の手軽さです!というのも、Facebook と Instagram はどちらもAPIの使用に申請が必要でしたが・・・

Twitterのみ申請が必要ありません!やったぜ!

また持ってこれるデータもかなり豊富です!ユーザー名やフォロワー数、ツイート情報の獲得はもちろんのこと、言語や場所までもってくることができます。 Instagramの秘匿主義に比べるとなんてオープンなんだ・・・

より詳しいデータの種類を知りたい方はこちらをどうぞ。

データの種類まとめ:

https://syncer.jp/Web/API/Twitter/REST_API/GET/search/tweets/

APIの登録については以下のページで解説されています。

TwitterのAPI登録手順:https://webnaut.jp/develop/633.html

call rate limit については呼び出すAPIによってかなりばらつきがありますのでこちらからご確認ください。ちなみにこの公式のドキュメントの制限回数は15分ごとになっています。

5.まとめ

いかがでしたか? ざっくりとSNSのAPIについてまとめてみました。見積もりの依頼を受けるまでAPIって何?ってレベルだったのですが、調べてみるとなかなか奥の深い世界でした!

TwitterのみAPIの使用申請が不要ということがわかり、APIの使用のハードルを考えるとInstagram>Facebook>Twitterの順で厳しそうです。特にインスタグラムはかなり厳しいようです・・・

今回はここまでです!

ではまた!

[PS:再告知]

グミベトナムでは7月7日(金)午後6時より、AI開発者によるAIセミナーを開催致します!
 
題して「AIの今までとこれから」
 
AIが流行ってるみたいだけどAIってそもそも何?機械学習?ディープラーニング?そういった素朴な疑問にAI開発者が答えていきます!セミナーに関する記事は後日アップしますのでぜひご期待ください!

目次に戻る

 

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us

 

 

 

 

 

 

Kosuke Ikeda

Kosuke Ikeda

New Staff at gumi Vietnam
アメリカへの一年間の留学を経てgumi Vietnamにジョイン。アメリカでは卓球クラブを創設し、ニックネームはCody
モノマネと読書が趣味。
Kosuke Ikeda