シンチャオ!グミベトナムスタッフの西田です。

今回はベトナムでの日本語人気について取り上げていきます。

最近ベトナムで日本語が英語と並ぶ「第一外国語」として扱われるようになったことがニュースで取り上げられ、話題になりました。ベトナムの小学校で日本語教育を行う方針が決定し、実際に首都ハノイでは試験的に幾つかの学校で実施されているようです。そのニュースを聞いて驚くと同時に、ベトナム人の小学生が日本語を学ぶようになるなんて日本人として何だか嬉しい気持ちになりました。

実際ホーチミンに来て感じるのは、ベトナム人は本当に親日的だということ。日本から来たと分かると笑顔で接してくれることも多いです。また、日本のアニメや漫画も人気で特に「ドラえもん」は街中でよく見かけます。コンビニには何故か「ドラえもん」のパッケージの豆腐が売っています。

グミのベトナム人スタッフでも日本語学校に通っている人もいて、時々日本語で話してくれたりします。仕事が終わってから、さらに学校に通うモチベーションの高さには感心させられます。

社内では3人の通訳のベトナム人スタッフの方が、ベトナム人と日本人の間に立ってコミュニケーションを取ってくれています。仕事上で専門的な話をしたり、日本からの依頼内容を説明する際にも呼び出されて毎日本当に忙しそうです。私も日本からのプロジェクトに関わっているのですが、英語だと簡単な話は出来ても専門的な話や難しい話になると、英語だけでは通じないことが多く、いつも通訳のベトナム人スタッフに助けられています。中には日本に6年間いたスタッフもいるのでまるで日本人のように日本語がペラペラです。

今回のニュースのように日本語を学ぶベトナム人が増えることで、日本とベトナムとの関係がますます良好になっていくといいなと思いました。日本人スタッフの中にはベトナム語講座を受けている人もいるので、私もいつか習ってみたいです。

それでは、また!

gumi Vietnam
Follow me

gumi Vietnam

gumi Vietnamスタッフの共有アカウントです。
随時情報を配信していきます!!
gumi Vietnam
Follow me