FullSizeRender (18)

今回は私がなぜベトナムで、グミベトナムでインターンシップをしたかについて話したいと思います。
まずは簡単な自己紹介からしていきたいと思っています。

名前:Masamichi
年齢:20歳
出身:スイス
大学:外国語学部 2年
趣味・特技:スポーツ(最近はマリンスポーツに挑戦)、音楽、ゲーム、落書き、旅行、散歩、ドライブ、インターネット
ポリシー:自分がやられて嬉しい事を人にやる
好きな言葉:我武者羅

では、早速私自身の事と、なぜ私がインターンシップをベトナムのグミベトナムを選んだのか、ベトナムに来て気づいた事、学んだ事を話していきたいと思います。お付き合いください。

◼︎これまで経緯
恥ずかしながら、私は英語が大の不得意でした。しかし、私は上記の自己紹介にもあるように、外国語学部国際文化交流学科に進学しました。なぜなら英語が不得意な自分が悔しかったからです。あの頃に比べると今の自分の英語力は確かに成長はしていますが、とても得意と呼べるものではありません。一年生の頃は、「英語力を伸ばしたい」と、ただ単に留学を考えていたりしました。しかし、考えていただけで1年が過ぎてしまったのです。ただ、私はその1年沢山の日本企業の学生向けセミナーに参加しました。その中の一つに、私にとってターニングポイントとなるセミナーがありました。その時私は将来の夢と大それたものではないですけど、やりたい事が決まりました。「自分の考えたアイデアで人を幸せにしたい」と、そんなアバウトなものでした。だけど本気でそう思いました。

◼︎なぜインターンシップにグミベトナムを選んだのか
2年生になっても「自分の考えたアイデアで人を幸せにしたい。」という思いは強かったです。そんな時大学で海外インターンシップの説明会に参加した。私は「これだ!!」と直感で感じました。それからは、勢いに任せて海外インターンシップに参加する事を決意しました。研修先を決める際は短期語学研修も兼ねて行けたらといいと、「アメリカに行きたい」と初めは考えていました。しかし、海外インターンシップをサポートしてくれる方に面接の時に「君にはポテンシャルと将来を感じる。」とお褒めの言葉を頂き、さらにその方にベトナム、グミベトナムを進めてもらいました。私は正直「ベトナムかー。」と、余り納得しませんでした。しかし、グミベトナムのホームページを見てITベンチャーの日経企業である事に興味を持ちました。しかし、私はHTMLの知識は専門外でした。ただ、私のアイデアがアプリという形になって世に出るのは、まるで夢の様でワクワクが止まりませんでした。私の強みはアイデアの発想力で、弱みはアイデアを形にするスキルが無い事です。こればかりは、勉強ではなく経験から成長していかなければなりません。インターンシップは与えられた仕事をこなすというものが多い中、グミベトナム代表、原田省吾さんは「その人にあった、やりたい事をやらせる」とインターンシップ求人に記載されており、その一言は異彩に一際輝いていて、この方にご指導して欲しいと感じました。そして私は、私のやりたい事「自分の考えたアイデアで人を幸せにしたい」のためにグミベトナムにお世話になる事を決めました。

◼︎インターンシップでの課題
私は今アプリ開発のサポートをメインに仕事をしています。それはもうとても面白くて、やり甲斐を感じています。アプリ開発会議では、沢山自分の意見を発言して、それがいくつか採用もされる予定です。そしてネクストステップとしてアイデアを形にする段階に来ています。自分の弱みである、アイデアを形にするスキルが無い事を伸ばせたらいいと思っています。わからない事だったり、失敗ばかりだけど、とにかく我武者羅にやっていきたいと思う。

◼︎最後に
人生不思議なもので、ただ前に進んでるだけなのに、色んな出会いがあってその都度新しい世界が見えてくる。自分の進む道が最初から見えている訳じゃないのである。ただ自分のやりたい事を我武者羅にやって、気づいたら成長している。それがベトナムだとさらに色んな出会いや気づきがあって、グミベトナムで働く事はチャンスを掴む握力、失敗から学べる冷静さ、いわゆる才能が身につくと感じます。

ではまた。

Contact Us

お問合せはこちらから

ラボ型開発・オフショア開発・HTML5コーディング・スマホアプリ・グミに対する質問などお気軽にご連絡ください。

Contact Us